プロラクチンの数値

シアリス大捜査線

最新情報

関連

サイト紹介

管理人情報

プロラクチンの数値

プロラクチンとは、脳の下垂体から分泌されるホルモンのことを言い、
女性は、妊娠、出産において深く関係し、
出産後は授乳のための乳汁の分泌を促します。

赤ちゃんが授乳の時の乳腺刺激をすることにより、プロラクチンを刺激し、
授乳がスムーズに行えるのです。

プロラクチンの検査は、下垂体の異常や、不妊症、
無月経、下垂体の異常や、男性の勃起機能低下などの疑いがあるときに行なわれます。

プロラクチンの基準値は、
男性3.6〜12.8ml
女性6.1〜30.5ml
と設定されています。

プロラクチンの値が高いと、
乳がん、乳汁漏出性無月経症候群、勃起不全(男性の場合)、乳汁漏出性無月経症候群、ロラクチン産生腫瘍、視床下部や下垂体の障害、乳がん、甲状腺機能低下症
などの症状が現れます。

逆に値が低いと、
下垂体腫瘍、シーハン症候群、甲状腺機能亢進症
などの症状が現れます。

プロラクチンの値は、血液検査で行われます。

また、高プロクラチン状態だと、不妊になりやすくなります。
それは、排卵を抑制する為であり、
プロラクチン値が高いと排卵しづらくなり、つまり生理不順になります。
これは、卵子の質の低下にも繋がりますので、
結果的に受精率の低下にも繋がります。